Kính ngữ tiếng Nhật rất khó sử dụng, vào đây học nhé!

micdac

tât cả chỉ là ngụy biện, hãy đội mũ BH
#1
人に聞けない敬語とマナーの事典
 
敬語の使い方
 
▲敬語の基本 
 
◇相手を敬う尊敬語
 「いらっしゃる」「ご覧になる」「ご多忙」「お宅」「お嬢様」「御社」「山田様」「山田部長」
 
◇自分を低める謙譲語
 「参る」「申す」「うかがう」「いただく」「私ども」「粗品」
 
◇物事を丁寧に言う丁寧語
 「います」「行きます」「……です」「ございます」
 
▲家庭での敬語
 「お父様」「お母様」「おやじ」「おふくろ」
 
▲学校での敬語
 
◇先生は「おわかり」にならない
 一般的に目上の人には、「できる」「やれる」などの可能を表す動詞は使わない。
 
◇「して」はいらない
 「お~する」は本来謙譲語なので、他人には使えない。「お話しいただきましょう」が正解。もしくは「お話をしていただきましょう」
 
◇「おります」は自分だけ
  
◇母は「おっしゃらない」
 「よろしくと申しておりました」が正しい。
 
▲職場での敬語

◆上下、内外で使い分ける■
 上司の不在を伝える場合、相手が社外の人なら、「Aは(課長や部長の敬称はつけない)、ただいま席を外しております」となるが、相手が上司の家族なら、「A課長はただいまお出かけになっていらっしゃいます」となる。また、「B社の田中と申します。鈴木部長はいらっしゃいますか」と訪ねてきた相手を部長に取り次ぐ際、「田中と申される方がおいでになっています」というのは間違い。「田中さんとおっしゃる方がおいでになっています」と言い換える必要がある。
 
◆ビジネス敬語の基本構造■
  
◇尊敬語の構造
1 「お」+「動詞」+「くださる」
・お書きくださる
・お待ちください
2 「お」+「動詞」+「になる」
・お書きになる
3 頭に「お」「ご」をつける
・ご存じですか
・お暇ですか
4 語尾に「れる」「られる」をつける
・書かれる
5 語尾に「いらっしゃる」をつける
・いらっしゃいますか(来ますか)
・いらっしゃいますか(居ますか)
 
◇謙譲語の構造
1 「お」+「動詞」+「ます」
・お知らせいたします
2 「お」+「動詞」+「いただく」
・お見せいただけますか
3 語尾に「申し上げる」をつける
・お知らせ申し上げます
4 語尾に「あげる」「ねがう」をつける
・お見せねがえますか
 
◇丁寧語の構造
1 語尾に「ます」をつける
・課長はただいま参ります
2 語尾に「です」をつける
・鈴木です
3 語尾に「ございます」をつける
・佐藤でございます
・当店にはなんでもございます
 
▲司会/スピーチでの敬語■
◆司会での敬語の間違い例■
 
◇祝電は「参らない」
 結婚披露宴の祝電紹介で、司会者が「祝電が参っております」と言う例があるが、正しくは祝電を出してくれた人に敬意を表して、「祝電を頂戴しております」と言う。
 
◇「ございます」は誤り
 会議が昼食時にかかったりする場合、「あちらの部屋にご食事を用意してございます」と進行役の人が言う場合があるが、これは誤り。ここでは「ある」の丁寧語の「ございます」ではなく、謙譲語の「おります」を使うのが正解。
 
◇「お聞きする」ことはない
 講習会やセミナーなどで司会役の人が、「先生に何かお聞きすることはありませんか」と参加者に向かって呼び掛けるケースが多いが、「お聞きする」は謙譲語なのでおかしい。「お聞きになりたいことはありませんか」が正しい。
 
◆スピーチで過剰な敬語は×■
 おめでたい席だから敬語を使わなくてはと思うあまり、いたずらに敬語を重ねてしまうミスが多い。たとえば結婚披露宴のスピーチで、「ご新郎ご新婦お二人でお末長くお幸せに、暖かいご家庭をお築きなさいますよう…」的なあいさつを耳にすることがあるが、これでは聞き苦し
い。新郎新婦は、それだけで敬称なので「ご」は必要ない。以下も「二人でいつまでも幸せに、暖かい家庭をお作りください…」程度が無難。 
▲電話での敬語■
 かけるにしろ受けるにしろ、電話では相手の顔が見えない。直接会って話しているのなら、ちょっとした間違いは表情や仕種でカバーできるが、電話では間違いはそのまま伝わる。それだけに敬語の使い方にも注意しなくてはならない。
 
◆電話をかけたとき■
 
◇「いますか」は失礼
 電話をかけて、「山田さん、いますか?」という言い方はおかしい。一般的には、「……はいらっしゃいますか」もしくは「……をお願いしたいのですが」と言う。もし身内の人なら、「山田はおりますか」「山田をお願いしたいのですが」となる。
 
◇「……ですが」は誰ですか
 自分の名前を名乗るのに「田中ですが……」は、電話に出た相手に失礼。「田中と申しますが……」とするのが正しい。電話に限らず相手を会社に訪ねたときなども同様の言い方をする。
 
◇「いいですか」は良くない
 相手に同意を求めるときに、「……で、いいですか」と言う人がいるが、これでは押しつけがましく聞こえる。丁寧に「よろしいですか」
「よろしいでしょうか」と聞くこと。
 
◆電話を受けたとき■
 
◇「どなた」は難しい
 相手がはじめに名乗らないとき、名前をたずねるつもりで「どなたですか」と聞く人がいるが、「どなた様でしょうか」と聞くほうがより丁寧なたずね方。また、かかってきた電話を取り次ぐ際、「どなたをお呼びしましょうか」と、自分の社内の人間に対して尊称の「どなた」を用いる人がいるが、これは誤り。「誰をお呼びしましょうか」が正しい。 
◇あとで、かけてくれません
 名前を呼ばれた本人が席を外していたり、出かけていたりする場合、「あとでかけてくれませんか」「かけ直してくれませんか」と取り次ぐ人がいるが、「くれる」は目上の人が目下の人に対してものを頼むときの言葉なので間違い。「おかけ直しください」「おかけ直しいただけないでしょうか」が正しい。「おかけ直ししてください」と言う人もいるが、これは「おかけ直しください」と、「して」を取るのが正解。
 
◇「お電話させます」はおかしい
 本人がいないとき、「戻りましたら、お電話させます」「お電話するよう申し上げます」と言って電話を切る人がいるが、これも失礼な言い方。ここでは身内(社内)の立場に立ち、「やる」の謙譲語である「さしあげる」を使って、「お電話をさしあげるようお伝えします」が正しい言い方となる。
 
▲手紙/文書での敬語■
 電話やファックス、電子メールで用件が済む時代だが、あらたまった挨拶やお礼には手紙が欠かせない。文面から人柄が伝わるような手紙
は、もらった方もうれしいもの。ちょっとした敬語の使い方を知っていれば、もらった相手の喜びは何倍にもなる。手紙で一番難しいのは、目上の人に出す場合。文書はいつまでも残るものなので失礼のない敬語遣いに気をつけたい。
 
◇目上の人には「あなた様」
 相手を呼ぶ場合、かつては「あなた」と言うだけで敬意を含む表現だったが、現在は目上の人に対しては「あなた様」を用いるのがベター。ほかには「そちら様」もしくは簡単に「山本様」のように書くのがよ
い。
 
◇「お元気ですか」は同輩だけ
 時候の挨拶に続いて「お元気ですか」と書き出すのが一般的だが、目上に対しては「お元気でいらっしゃいますか」と丁寧に言うのが礼儀。また文中でおわびする気持ちが強い場合は「すみません」よりも「申しわけございません」を使うほうがよい。
 
◇「来てもらって」は×
 お見舞いや訪ねてもらったことに対する礼状には、「おいでいただいて」が基本。また、お祝いや贈り物をもらったことに対する礼状では
「送ってもらって」ではなく、「お送りいただいて」となる。
 
◇「ご主人様」は二重敬語
 既婚の女友達に対する手紙の文末に「ご主人様にもよろしく……」と書く人がいるが、これは「ご主人にもよろしく……」で十分。様をつけると二重敬語となる。
 
◇相手の名前は行末に来ない
 先方の名前や先生などの尊称は行末に来ないようにするのが常識。来そうなときは字間などで調節する。
 
▲動作を表す敬語■
 (相):相手側
 (自):自分側
 
◆見る■
  (相)
  ご覧になる
  見られる
  (自)
  拝見いたします
  見せていただく
 
◆聞く■
  (相)
  聞かれる
  お聞きになる
  (自)
  承る
  拝聴する
  お聞きします
 
◆知る■
  (相)
  ご存知
  お知りになる
  (自)
  存じております
  知っております
 
◆行く■
  (相)
  行かれる
  いらっしゃる
  お出かけになる
  (自)
  お伺いします
  参上します
  伺う
  まいる
 
◆来る■
(相)
  来られる
  お見えになる
  いらっしゃる
  (自)
  まいる
 
◆会う■
  (相)
  お会いになる
  会われる
  (自)
  お目にかかる
  お会いします
 
◆いる■
  (相)
  いらっしゃる
  おいでになる
  (自)
  おる
 
◆思う■
  (相)
  思われる
  お思いになる
  (自)
  存じます
  存じ上げます
 
◆食べる■
  (相)
  召し上がる
  お食べになる
  (自)
  ご馳走になる
  いただく
 
◆もらう■
  (相)
  お納めになる
  (自)
  いただく
  頂戴する
 
◆受ける■
  (相)
  お受けになる
  (自)
  いただく
  賜る
 
◆与える■
  (相)
  お与えになる
  (自)
  差し上げる
 
◆言う■
  (相)
  言われる
  おっしゃる
  (自)
  申す
  申し上げる
 
▲敬語による人の呼び方■
 (相):相手側
 (自):自分側
 
◆本人■
  (相)
  貴殿
  貴兄(目上の人に)
  貴社長(役職名)
  あなた
  あなた様(女性に)
  (自)
  私
  わたくし
  小生
  僕(目上の人には使わない)
 
◆夫■
  (相)
  ご主人(様)
  ご夫君(様)
  (自)
  夫
  主人
 
◆妻■
  (相)
  奥様
  御奥様
  (自)
  妻
  家内
 
◆両親■
  (相)
  ご両親様
  (自)
  両親
  父母
 
◆父■
  (相)
  父君
  お父様
  お父上
  ご尊父(様)
  (自)
  父
  老父
  親父
 
◆母■
  (相)
  母君
  お母様
  お母上
  ご母堂(様)
  (自)
  母
  老母
  お袋
 
◆息子■
  (相)
  ご令息
  ご子息
  ぼっちゃん
  (自)
  息子
  せがれ
  長男
 
◆娘■
  (相)
  お嬢様
  ご息女
  お嬢ちゃん
  (自)
  娘
  子供
  長女
 
◆家族■
  (相)
ご一同様
  ご家族の皆様
  皆々様
  (自)
  私ども
  家族一同
  家中
  皆々
 
◆上司■
  (相)
  ご上司
  御上役
  貴社長・貴部長(役職名)
  (自)
  上司
  社長・部長(役職名)
 
 
▲敬語表現による場所・物の呼び方■
 
 (相):相手側
 (自):自分側
 
◆家■
  (相)
  お宅
  貴宅
  貴邸
  (自)
  拙宅
  小宅
  当方
 
◆会社■
  (相)
  貴社
  御社
  (自)
  当社
  弊社
 
◆商店■
  (相)
  貴店
  (自)
  当店
  弊店
◆銀行■
  (相)
  貴行
  貴支店
  (自)
  当行
  本行
  当支店
 
◆学校■
  (相)
  貴校
  御校
  (自)
  本校
  当校
  わが校
 
◆官庁■
  (相)
  貴所
  貴庁(省)
  (自)
  当所
  当庁(省)
 
◆品物■
  (相)
  ご厚志
  銘菓
  銘酒
  (自)
  粗品
  寸志
  粗酒
 
◆考え■
  (相)
  ご意見
  ご高説
  お考え
  ご趣旨
  (自)
  私見
  私案
  見解
  所存
 
▲ビジネス敬語への言い換え例■
  一般語→ビジネス敬語
 
◆人称のビジネス敬語■
 
わたし
  →わたくし
わたしたち
  →わたくしども
あんた/皆さん/あんたたち
  →あなた/皆様/あなた方

  →どちら様/どなた様
 
◆応対・接待のビジネス敬語■
 
いますか
  →いらっしゃいますか
待ってくれる
  →恐れ入りますが、少々お待ちください
(待たせたとき)
  →お待たせ致しました
何の用ですか
  →どのようなご用件でございましょう
どうしますか
  →いかがでございましょう
もう一度来てください
  →もう一度ご足労願えませんでしょうか
私で良ければ聞いておきます
  →お差し支えなければ承っておきます
ちょっとお聞きしたいのですが
  →少々おうかがいしたいのですが
何ですか?よく聞こえません
  →聞き取れませんでしたので、もう一度おっしゃっていただけますか
何とかしてもらえませんか
  →何とかご配慮を願えませんでしょうか
(部長に)課長の言ったとおりにしました
  →おっしゃったとおりにいたしました
(課長に)部長が呼んでます
  →部長がお呼びです
(上司に)すぐにはできません
  →すぐにはいたしかねますが、今日中でよろしいでしょうか
(お客様に)課長さんですか?今日はお休みです
  →課長の○○は、本日休みをいただいております。(本日休んでおります)
(お客様に)それでいいですか?
  →そちらでよろしいでしょうか?
(お客様に)課長に言っておきます
  →課長の○○に申し伝えます
(お客様に)うちではそういったものは扱っておりません
  →申し訳ございません。私どもではそのようなものは扱っておりませんが、○○のようなものを扱っております
(お客様に)こちらの担当ではないので、担当の方へ電話してください
→申し訳ございませんが、こちらの担当ではございません。恐れ入りますが○○の○○番の方へ、お掛け直しいたでけないでしょうか
(お客様に)あなたの住所、氏名、勤務先を教えてください
  →お客様のご住所、お名前、お勤め先を教えていただけますでしょうか
 
◆その他のビジネス敬語■
そうです
  →さようでございます
いいです
  →結構です
   よろしゅうございます
すみませんが
  →恐れ入りますが
   申し訳ございませんが
ありがとう
  →ありがとうございました
知りません
  →存じません
   伺っておりません
私ではわかりません
  →私ではわかりかねます
わかった
  →わかりました
   承知致しました
ありません
  →ございません
やれません
  →致しかねます
来ません
  →参りません
来てください
  →いらして頂けますか
   お越しください
いません/席にいません
  →おりません/席を外しております
行きます
  →伺います
   参ります
聞いていました
  →伺っておりました
ことづけますか
  →おことづけがございましたら承りますが
手数をかけました
  →お手数をおかけ致しました
 
▲コラム■
 
●レゲエやヒップホップに学ぶ敬意表現の「リスペクト」■
 外国語に敬語はないと言う人がいるが、敬語は敬意表現のひとつである以上、それぞれの言語文化に根ざした敬語は存在すると考えたほうがいい。
英語で尊敬のことをリスペクトというが、これを挨拶代わりに使っているのが、レゲエやヒップホップなどブラックミュージックの世界。彼らは会ったとき、あるいは別れ際に、こぶしとこぶしをぶつけあって「リスペクト(・メン)!」と挨拶する。つまり「尊敬!」が挨拶の言葉なのである。このリスペクトには、「俺はおまえのこと、ちゃんと認めているぜ」的なニュアンスが含まれている。これが真の敬意表現と言えるだろう。
 
●国語審議会は何を審議しているのか?■
 ニュースや新聞でときどきお目にかかる国語審議会。人気歌人の俵万智を委員に迎えるなど、それなりにアピールしているが、いったい何を審議しているのか一般にはよくわからないのが実状。ちなみに平成八年に発足した第二一期国語審議会では、「敬語を中心とする言葉遣いに関する問題」と「主としてワープロ等における字体の問題」について検討した。特に敬語については、「敬意表現のひとつとしての敬語」と位置づけ、コミュニケーションを重視する姿勢がうかがえる。また、次期以降の継続審議として、具体的に現代敬意表現の使い方をまとめる予定という。
 
慶弔・贈答のマナー■
 
▲結婚披露宴でのマナー■
 慶事にも様々あるが、代表的なものは結婚式だろう。結婚披露宴に招待されたら、おめでたい席にふさわしいマナーを守って、新郎新婦の門出を心から祝福したい。
 
◆招待状の返信はここに注意■
 招待状を受け取ったら、指定された期日までに出席、欠席の返事を必ず出す。返信には、御出席、御欠席、御住所の「御」を2本線で消す。御芳名は「御芳」まで消すこと。宛名の「行」は、同様に消して「様」に書き直す。また、出席、欠席に関わらず、一言挨拶を書き加えれば、受け取ったほうも気持ちいい。
 
◆ご祝儀袋の表書きのルール■
 「御祝」や「寿」が印刷された(ない場合は自分で書く)市販のものを用意し、中央下半分に自分の氏名を一字一字楷書で丁寧に書く。会社名や部署名を書くときは氏名の右手に。中包みの金額欄に包んだ金額を書き忘れないこと。ご祝儀袋には水引と呼ばれる飾り紐がついている
が、結婚式の場合は二度と繰り返さないようにという意味で、「結び切り」というタイプのものを選ぶこと。
 
◇結婚祝い金の目安
 自分が二〇代なら二万円、三〇代なら三万円が相場。ただし結婚する人が兄弟・姉妹や親類の場合は五~一〇万円が相場。かつては偶数の金額は割り切れる(破綻につながる)からタブーとされたが、現在では二万円や一〇万円にかぎり許される。
 
▲お葬式でのマナー■
 死は人生におけるもっとも厳粛なシーン。故人の生前の厚意に感謝
し、冥福を祈る意味でも心のこもったセレモニーで送ってあげたい。
 
◆お通夜と弔問のマナー■
 
◇お通夜、葬儀、告別式
 お通夜は本来、身内やごく親しい間柄の人たちが行う儀式だが、最近では、友人、知人、近所の人も参列するようになってきた。「内輪で」と断られないかぎり、知らせを受けたら出席するのが普通。故人と親しかったら、葬儀、告別式にも出席する。一般の会葬者として参列するなら、葬儀の後の告別式からでよい。
 
◇弔問での服装
 男性はブラックスーツかダークスーツ(ただし、お通夜前の弔問は平服でよい)。ネクタイや靴も黒で統一する。女性は地味なスーツやワンピース。夏でもノースリーブはダメ。バッグや靴も光沢のないものにする。結婚指輪以外のアクセサリーや香水、マニュキアなどもつけない。 
◇香典の表書きと贈り方
 香典は、お通夜、告別式のいずれに持参してもかまわない。香典を入れる不祝儀包みには、「御霊前」と書かれたものを使用する。この言葉は、仏教、神道、キリスト教などいずれの宗教宗派にも通用する。下段には自分の氏名を書く。
香典は服紗や風呂敷に包んで持参し、受付で出す場合は表書きを先方に向けて差し出し、霊前に供える場合は自分に向けて供える。
 
◇お通夜での線香のあげ方
1 祭壇に向かって一礼する。
2 線香を1本取り、ろうそくにかざして火をつける。
3 火を左手であおぎ消し(息を吹きかけて消してはいけない)、香鉢の中にさす。
4 遺影に向かって合掌。終わったら遺族や僧侶に一礼して席に戻る。 
◇仏式・立礼の焼香のマナー
1 数珠は左手にかけ、順番が来たら静かに席を立ち、僧侶、遺族に一礼をする。
2 祭壇の三歩ほど手前で遺影を見つめた後、前に進んで合掌する。
3 親指、人差し指、中指の三本で抹香をつまみ、目の高さに上げてから静かに香炉の上にのせる。
4 正面の遺影を見つめ、再び合掌。そのままの姿勢で三歩下がる。
5 僧侶、遺族の順に一礼し、向きを変えて席に戻る。
 
◇香典の目安
 五千円から一万円が一応の目安。ただし故人が両親の場合は一〇万
円、兄弟・姉妹の場合は五万円が平均。
 
▲贈答のマナー■
 
◇お中元
 関東では七月初旬から一五日まで、関西では七月中旬から八月一五日までに送るのが一般的。表書きには「御中元」と書く。送るのが遅くなった場合、立秋までは「暑中御見舞」、それ以後は「残暑御見舞」とする。
 
◇お歳暮
 一二月初旬から二五日前後までに送る。表書きは「御歳暮」。年が明けるようなら「御年賀」とする。
 
◇送る際のマナー
 本来、持参するのが原則だが、最近ではデパートなどから送るケースが多い。その場合は、挨拶状を同封するか、手紙やハガキで通知する。もらった場合は、すぐ礼状を出す。

Theo 広辞苑
 

haibantay

New Member
huhu. Học Kanji thôi. Chủ đề rất hay và bổ ích nhưng ....Mọi người ai ai cũng sử dụng KanJi hết.
Mong rằng 3 năm sau có thể đọc hiểu được cả bài.
 

Hãy đăng ký hoặc đăng nhập để gửi phản hồi

Bạn phải là thành viên mới có thể gửi phản hồi

Đăng ký

Hãy đăng ký làm thành viên. Việc này rất đơn giản!

Đăng nhập

Bạn là thành viên? Hãy đăng nhập tại đây.

Top